いのる、ねむる、みつめている―智内兄助の世界

こんにちは。
先日の近代陶芸/近代陶芸PartⅡオークションにご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
今年は飛び石連休になってしまいましたが、今日から秋のシルバーウィークですね。
お出かけされる方も多いかと思いますが、各地であまりお天気がよくないのが残念です。
台風も来ているそうですので、旅行先のお天気にはお気をつけくださいね。

さて、来週は近代美術/近代美術PartⅡオークションを開催いたします。
今回は智内兄助の作品がたくさん出品されることになり、カタログでは特集ページを組みました。
回顧展に出品されるような名作が揃っていますので、一部をブログでもご紹介いたします。

智内兄助(ちない きょうすけ)とは…
1948年、愛媛県生まれ。1967年東京藝術大学油画科入学、1974年同大学院修了。
在学中、日本画の画材や技法に魅了される一方で、当時流行していたアクリル絵具にも関心を抱き、和紙にアクリル絵具で描くという、古今東西の技法を組み合わせた現在のスタイルを確立しました。1971年には「シェル美術賞展」にて佳作賞を受賞し、画壇にデビュー。
1980年代に入ると、智内芸術を代表するテーマ、着物姿の童女のシリーズを展開し、1984年第27回安井賞展に初入選。1992年、毎日新聞に連載された宮尾登美子の小説『藏』の挿絵を担当し、大きな話題となりました。近年は、瀬戸内の風物や花を題材とした作品を手掛け、フランスでも定期的に個展を開催しています。

まずはこちら。
第33回安井賞展にて佳作賞を受賞した作品です。


【オークション終了につき、画像は削除させていただきました】

Lot.115 《桜狩遊楽図Ⅰ》
228.7×228.9cm(1辺162.0cm)
板にキャンバス・ミクストメディア 額装
1989年作
『智内兄助画集』(1989年/展開堂)№2
第33回安井賞展 1990年 (セゾン美術館/安井曾太郎記念会)出品
智内兄助展 1995年(小田急美術館/毎日新聞社)出品
落札予想価格 ¥1,000,000~2,000,000

近世の桜狩の風景に、少女が迷い込んだような幻想的な雰囲気が漂っています。
現世と彼岸のはざまに存在するような土俗的で絢爛豪華な画世界の中で、こちらをじっと見つめている、あるいは静かに眼を閉じる童女や少女―それは、智内兄助の代名詞であり、画家にとって運命的とも言えるテーマです。
本作は大画面にキャンバスや箔などを貼付し、アクリル絵具で描いた作品ですが、ご注目いただきたいのは信じられないような細密描写です。智内が蒔絵用の細筆を用いた緻密なハッチング(細かい平行線を引き重ね、質感や陰影を表現する技法)によって、少女の滑らかな肌を表わすことはよく知られていますが、大作をこのような密度で描き込む集中力は、驚異的としか言いようがありません。


【オークション終了につき、画像は削除させていただきました】

右:Lot.112 《雛連れⅠ》                        左:Lot.111 《雛連れⅡ》
      162.0×60.2cm                                                  162.0×60.4cm
        紙・ミクストメディア 額装                                      紙・ミクストメディア 額装
  1989年作                                                               1989年作
  左下に印・年代                                                       右下に印・年代
   『智内兄助画集』                                                       『智内兄助画集』
       (1989年/展開堂)№6                                               (1989年/展開堂)№5
      智内兄助展 1995年                                                智内兄助展 1995年
    (小田急美術館/毎日新聞社)出品                             (小田急美術館/毎日新聞社)出品
  落札予想価格                                                          落札予想価格
        ¥500,000~1,000,000                                                ¥500,000~1,000,000

 
 
《雛連れ》というタイトルの通り、左の少女はお雛様を、右の少女はお内裏様を背負っています。
雛人形というモティーフ、明治や大正の頃のようなクラシカルな着物と、下地に使用された揉み紙や古紙が土俗的でミステリアスな雰囲気を醸し出しています。
今回は一点ずつの出品となりますが、ぜひ一対でご所蔵いただきたい作品です。


そして、こちらは智内兄助の代表作と言ってもよいでしょう。

【オークション終了につき、画像は削除させていただきました】

Lot.113 《藏・冬麗か》

116.7×91.0cm
板・ミクストメディア 額装
1994年作
左下に印
裏に署名・タイトル・年代
智内兄助展 1995年(小田急美術館/毎日新聞社)出品
智内兄助展「藏」 1997年(蕨市立歴史民俗資料館)出品

智内兄助展 1997年(喜多方市美術館)出品
落札予想価格 ¥1,000,000~2,000,000

小説『藏』の映画化の際に制作されたポスターの原画です。

描かれているのは、主人公の盲目の美少女・烈でしょうか。物語の舞台は酒蔵なので、烈の頭上には杉玉も表わされています。清らかでありながら、溢れるような情念を感じさせる作風が、小説の世界観とぴったり合致しています。


【オークション終了につき、画像は削除させていただきました】

Lot.116 《ばこ(TASHIGOMANG of BHUTAN)》
142.2×174.8×20.2cm
ミスクトメディア

1987年作
左下に印・年代
『智内兄助画集』(1987年/求龍堂)№81
『1987 智内兄助』(1987年/青年社)№3

『智内兄助画集』 (1989年/展開堂)№66
落札予想価格 ¥1,000,000~2,000,000

これは、智内がブータンを旅した際に目にした、チベット仏教のタシ・ゴマン(立体の曼荼羅)からインスピレーションを受けて制作された立体作品です。二次元的、三次元的な表現の融合によって作品の物語性が高められ、祭壇画のような神秘性も感じさせます。
少女は皆こちらをじっと見つめていますが、まるで作品を鑑賞する私たちを彼女たちのいる世界へと誘っているようです。

21日(水)からの下見会では、ここでご紹介しきれなかった作品もあわせて、全8点展示いたします。
大画面に繰り広げられた智内の耽美的な世界観をぜひ会場でご堪能ください。
下見会・オークションスケジュールはこちら

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

(佐藤)

4周年記念セール開催のお知らせ

こんにちは。
販売スタッフの田部井です。

ようやくしのぎやすい季節となりましたが、いかがお過ごしですか。

さて、シンワアートオークションJEWELLERY & BRAND SHOPはこのたび開店4周年を迎えることになりました。これもひとえに皆様方のお引き立ての賜と心より感謝いたしております。

つきましては、開店4周年を記念いたしまして、日頃のご愛顧をいただいております皆様方への感謝の意をこめて記念セールを開催いたしますので、ぜひご来店くださいますようお願い申し上げます。

[日時]  9/14(水)~9/24(土) 10:00~17:30

※下見会開催時(14~17,21~23)は10:00~18:00の営業時間となります。
※9/24(土)は10:00~12:00  15:00~オークション終了時までとなります。
※セール期間休日:18(日),19(月)

また、お持ちのジュエリーの新品仕上げが1点無料になるサービスも行っております。
是非この機会にご自宅に眠っているジュエリーをピカピカにしてみてはいかがでしょうか?

たくさんの皆様にお会いできることをスタッフ一同、心よりお待ち申し上げます。

%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%94%bb%e5%83%8f

 

 

 

 

 

 

 

9月陶芸オークション作品ご紹介

こんにちは。

夏休みはいかがお過ごしだったでしょうか?年々暑さが増している気がしますが、まだまだ残暑が続きますのでどうかご自愛くださいませ。

 

さて、9月10日(土)に近代陶芸/近代陶芸PartⅡオークションが開催されます。

オークションスケジュールのページでご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、注目の作品のご紹介です。

 

LOT.307楠部彌弌 「彩えん(土へんに延)春近し花瓶」 H24.0×D19.4cm 高台内に印銘「彌」 共箱 1974年作 「いろづちの美六十年 楠部彌弌彩えん展」出品 東急百貨店本店他/1974年【図録付】 「日本の美・彩えんの至芸 楠部彌弌作陶展」出品 ルーブル宮・パリ装飾美術館/1977年  落札予想価格:¥1,000,000~¥2,000,000

LOT.307楠部彌弌
「彩えん(土へんに延)春近し花瓶」
H24.0×D19.4cm
高台内に印銘「彌」
共箱 1974年作
「いろづちの美六十年 楠部彌弌彩えん展」出品 東急百貨店本店他/1974年【図録付】
「日本の美・彩えんの至芸 楠部彌弌作陶展」出品 ルーブル宮・パリ装飾美術館/1977年 
落札予想価格:¥1,000,000~¥2,000,000

楠部彌弌は、明治30年(1897)に京都で貿易陶器工場を営む家の長男として生まれました。特定の師匠を持たなかった彌弌は、古典陶磁器をはじめ様々な技法に挑戦しましたが、その中でも「彩えん」(薄く溶かした色つけの磁土を堆朱の手法で何回か塗り重ねて文様化したもの)という独自の技法に辿りつき、近代陶芸界に確固たる地位を築きました。

本作は、昭和49年(1974)・74歳で制作したものです。円熟味を増したその技術は衰えることなく、同年に彩の新作展を開催するに到りました。この「春近し」というタイトルからも分かる通り、草木が芽吹く頃の情景を切り取ったものです。他の作品では芽が拡大され描かれているものもありますが、本作は遠くから木々を望んでいる風景であり、器体全面に図柄を張り巡らせています。よく見ればそこには青と茶の芽が混在し、春へと移ろいゆく時間の流れが見て取れ、シンプルな形と色の美を追求した集大成ともいうべき作品です。

またこのほかに、

加守田章二「壷」や、北大路魯山人「於里遍長板鉢」なども出品されます。

LOT.303加守田章二「壷」 H24.0×D14.5cm 底部に掻き銘「章」、「一九七六」刻 共箱(1978年) 1976年作 落札予想価格:¥800,000~¥1,200,000

LOT.303加守田章二「壷」

H24.0×D14.5cm
底部に掻き銘「章」、「一九七六」刻
共箱(1978年)
1976年作
落札予想価格:¥800,000~¥1,200,000

 

 

加守田の1976年作のものでは、久々に出品される図柄です。

ドットと波形の線文といい、色調といい、加守田らしさが随所に現れています。

 

 

LOT.317北大路魯山人 「於里遍長板鉢」 H7.2×W36.0cm 高台内に掻き銘「ロ」 共箱 友斎箱   落札予想価格:¥3,000,000~¥4,000,000

LOT.317北大路魯山人
「於里遍長板鉢」
H7.2×W36.0cm
高台内に掻き銘「ロ」
共箱 友斎箱
 
落札予想価格:¥3,000,000~¥4,000,000

魯山人らしいしっかりとした長板鉢です。

織部の釉薬がつややかに綺麗に出ている点と、斜格子の交わるところに丸紋を配置し幾何学的な図柄を力強く描いている点が魅力の逸品です。

 

ぜひ、実際に作品をご覧ください。

 

下見会スケジュールはこちら。

 

                                          執筆者:E

夏季休業のお知らせ

こんにちは。
JEWELLERY & BRAND SHOPの林でございます。

花火大会や夏祭りなど
週末は賑やかな音色が聞こえてくる季節となりましたね。

IMG_3902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厳しい暑さが続いておりますが
皆さまお変わりございませんでしょうか。

さて、シンワアートオークションでは
下記の期間を夏季休業とさせて頂きます。

甚だ勝手ではございますが
何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

——————————【夏季休業のお知らせ】—————————————

休業期間:8月5日(金)~8月23日(火)

8月24日(水)より平常どおり営業致します。

また、JEWELLERY & BRAND SHOP
8月31日(水)10時より平常どおり営業致します。

—————————————————————————————————

時節柄くれぐれもご自愛くださいませ。
またお会いできます日を楽しみにしております。

JEWELLERY & BRAND SHOP
販売担当 林

巨匠レンブラントの名作版画―《病人たちを癒すキリスト(100グルデン版画)》

こんにちは。
先週の近代美術PartⅡ下見会にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
暑かったり、涼しかったり、毎日不安定なお天気が続きますが、
月曜日には九州から東海地方にかけての梅雨明けが発表されました。
関東ももう夏はすぐそこですが、夏休みのご予定はお決まりでしょうか?

さて、23日(土)は、近代美術/近代美術PartⅡオークションを開催いたします。
今回も出品作品の中から、おすすめの一点をご紹介いたします。
この作品が当社に搬入されてきたとき、
作家名を聞いて驚き、作品を見て、「まさかこんなに貴重な作品を扱うことになるなんて…」と驚きました。
今もまだ目の前にあることが信じられません。

s-33-1















33 レンブラント・ファン・レイン

《病人たちを癒すキリスト(100グルデン版画)》

紙面:29.1×40.5cm、図版:27.9×39.3cm
紙・エッチング、ドライポイント 額装
1648年頃作(原版)
ウォーターマーク:百合の模様が入った王冠飾りの盾とVの文字
本紙裏に書き込み「L maviette 1669」

The Illustrated Bartsch 50 Rembrandt Harmensz.van Rijin/edited by S.S.Dickey,P.60,No.74
A.Hind,A Catalogue of Rembrandt’s Etchings,No.236
G.Biorklund,Rembrandt’s Etchings True and False,a Summary Catalogue,P.106,BB49-1
Hollstein’s Dutch and Flemish Etchings,Engravings and Woodcuts XIX/compiled by C.White&K.G.Boon,Rembrandt van Rijin,P.64,B74
世界の版画名品選 2005年(和歌山県立近代美術館)出品

落札予想価格 ¥2,000,000~3,000,000

 代表作《夜警》(1642年作・アムステルダム国立美術館)で知られるレンブラント・ファン・レイン(1606-1669)は、輝かしい黄金時代を築いた17世紀のオランダ美術を代表する巨匠です。
聖書や神話の場面を描いた物語画、市民を題材とした肖像画を主なテーマとし、対象の細部や質量感、人物の豊かな感情表現を優れた画技によって精緻に描き出しました。
また、天から降り注ぐ光とそれが作り出す明暗の世界を表現することを追求したことから、「光と影の画家」と称されています。

《病人たちを癒すキリスト》は、レンブラントが生涯で300点あまり手掛けたと言われる版画において、最高峰と評される作品です。
画家の生前、その版画作品はおよそ20~30グルデンという価格でしたが、レンブラント自身がこの作品を買い戻した際、100グルデンという破格の高値を投じる羽目になったという逸話から、通称「百グルデン版画」とも呼ばれています。

「100グルデンは現代で言うといくら?」というのが気になるところですが、
当時の労働者の年収がおよそ200グルデン、レンブラントが弟子たちから徴収した年間授業料が100グルデンということから鑑みて、およそ100~150万円くらいだったのではないかと言われています。
(幸福輝『もっと知りたい レンブラント 生涯と作品』より)
また、当時活躍していた版画家たちの作品の多くは、1グルデン以下だったという話も残されていますので、やはり100グルデンがとてつもない金額だったことがわかります。

本作品では、新約聖書『マタイによる福音書』第19章に収められた4つのエピソードを題材とし、キリストが人々の病気を癒し、ファリサイ派の人々と夫婦について論争し、子供たちに祝福を与え、そして裕福な青年を戒める場面が同時に描かれています。
複数の話を一つの画面に表わしたこの構成は、レンブラントが制作の前に数多くの素描を描いて構想を練り、まとめ上げたものです。
また、画面右側には、緻密な描写と濃密で繊細な陰影を表わしたのに対し、画面左側はスケッチ的な描線によって対象を捉え、明るい光で照らし出されたように余白を多く残しています。
作品を見ると、右側と左側で、描法と明暗の表現がまったく異なることがわかりますね。
このように複数の題材や対照的な描法を混在させた表現は、当時としてはきわめて実験的で革新性に富んだものであり、その明暗の描写には画家の成熟した技術が見て取れます。

17世紀から今日に至るまで、「レンブラントの絵画に匹敵する表現」として称賛されてきたこの作品は、彼の芸術においてのみならず、版画史においてもきわめて重要な傑作と言えます。


s-33-3なお、《病人たちを癒すキリスト(100グルデン版画)》の原版は、1648年頃の作ですが、本作はウォーターマーク(透かし)から没後に摺られたものと思われます。
紙には、左の図のような透かしが入っています。「ストラスブールの百合」と呼ばれる文様の類型でしょうか?










この作品は、ただいま下見会にて展示中です。
ぜひ巨匠レンブラントの細密描写を間近でご覧ください。

下見会・オークションスケジュールはこちら
皆様のご来場を心よりお待ちしています。

(佐藤)

 

アンティークライカと100年の記憶

7月23日(土)開催の近代美術/近代美術PartⅡオークションでは、アンティークライカが2ロット出品されます。
モデルは共にライカⅠ(A型)[レンズ:エルマックス]、製造番号はそれぞれ「714」、「284」です。
本モデルの生産台数は約1500台にとどまり、且つ製造番号が1000番以内のものは870台しか生産されていないといわれています。製造年は共に1925年と、かなり初期。1920年代に飛行船を発明したフェルディナンド・ツェッペリンがエルンスト・ライツ社から280番のライカを贈呈されたというエピソードもあり、100年近く、世界の様々な瞬間を撮り続けてきたであろうこのカメラを、是非とも会場でご覧いただければと思います。

◆オークション開催概要はこちらから

◆オークション参加方法はこちらから

 

Lot.771 Leica Ⅰ(A) H6.6×W13.5×D4.3cm レンズ:エルマックス 50mm F3.5 シリアルナンバー714 落札予想価格¥1,000,000.~¥1,500,000.

Lot.771
Leica Ⅰ(A)
H6.6×W13.5×D4.3cm
レンズ:エルマックス 50mm F3.5
シリアルナンバー714
落札予想価格¥1,000,000.~¥1,500,000.

 

Lot.772 Leica Ⅰ(A) H6.6×W13.3×D4.2cm レンズ:エルマックス 50mm F3.5 シリアルナンバー284 落札予想価格¥2,000,000.~¥3,000,000.

Lot.772
Leica Ⅰ(A)
H6.6×W13.3×D4.2cm
レンズ:エルマックス 50mm F3.5
シリアルナンバー284
落札予想価格¥2,000,000.~¥3,000,000.

 

 

「ライカ」とは

アンティークカメラと言えば「ライカ」
多くの人が思い当たる、有名なカメラブランドの1つではないでしょうか。
1849年、ドイツに光学機器メーカーとして設立されたエルンスト・ライツ社は、1925年に大衆向けとしてライカⅠ(A型)を発表。この機体をきっかけに「ライカ」は世界中のカメラ愛好家を魅了するところとなりました。
アンティークライカは、欧米ではオークションアイテムとして広く流通し、近年アジアでも日本・中国を中心にコレクターによる蒐集が活発となっています。
 2012年にはオーストリアのオークションで、1923年に作られた市販用試作機(25台の内の1台)が当時のレートで216万€=約2億2300万円(手数料込)で落札されるという記録を作っています。

 

【SUMMER SALE開催のお知らせ】 JEWELLERY & BRAND SHOP

こんにちは。
販売スタッフの林でございます。

本格的な梅雨入りとなり、紫陽花がきれいな季節となりました。
みなさまお変わりございませんでしょうか。

さて、シンワアートオークションJEWELLERY & BRAND SHOPでは
6/15(水)よりサマーセールを開催致します。

[日時]6/15(水)~7/1(金) 10:00~17:30 
※セール期間中の土日祝は定休となります

201606_jb_sale_web

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セール期間中は、店内のジュエリーを20%OFFにて提供させていただきます。
※オリジナルジュエリー、ブランド品を除きます

【サマーセールの特典①】
セール期間中ご来店いただいたお客様は
DM持参または店頭で『ブログを見た』と言ってくだされば
ジュエリ―の新品仕上げを1点無料で承ります!

ジュエリーの新品仕上げをすると輝きが戻り、
また身に着けてお出かけしたくなりますよね。
無料で仕上げられるこの機会にぜひお越しください。
※石やデザイン等によってはお受けできないものもございますので予めご了承ください

【サマーセール特典②】
私たち販売スタッフからのプレゼントとして
お持ちの宝石がもっと愛しくなる、気軽で楽しいティータイムをお届けいたします。

1,宝石のロマンチックな裏話
2,身体に合わせたジュエリーコーディネート術
3,宝石を長く楽しむために~ルーペの使い方や自宅でできるメンテナンス法~

ご予約制となっておりますので
ご希望の日時とお好みのタイトルをお電話でお知らせください。

おいしいコーヒーや紅茶とともに宝石の知識を深めてみませんか?
皆さまのご来店をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

販売スタッフ 林

日本人に愛された英国民藝作家 ≪バーナード・リーチ≫

こんにちは。

先週末のワインオークションにご参加頂き誠にありがとうございました。今週末に開催されます「近代陶芸/古美術/近代陶芸PartⅡオークション」で連続したオークション開催も小休止。じめじめした梅雨も始まる気配ですが、気分だけでも晴れやかになるオークション下見会場へぜひ足をお運び気ください。

 

さて、今回ご紹介する作品はこちら。

 
 
LOT.169 バーナード・リーチ 「ガレナ釉大鉢」   H10.4×D49.5cm   高台内に描き銘「B.L.」、「1933」記  共箱 1933年作 ★¥1,200,000~¥ ¥1,800,000

LOT.169 バーナード・リーチ
「ガレナ釉大鉢」
  H10.4×D49.5cm
  高台内に描き銘「B.L.」、「1933」記
  共箱
  1933年作
★¥1,200,000~¥1,800,000

 

バーナード・リーチ(1887‐1979)は、民藝を代表する陶芸家の一人で、イギリスに於いても陶芸界の重鎮として名高い人物です。富本憲吉(1886-1963)、浜田庄司(1894-1978)らとも親交があり、同じくイギリスの陶芸家ルーシー・リー(1902‐1995)の一世代前の作家にあたります。

 

 

リーチは父の仕事の関係で香港で生まれました。生後間もなく母と死別、京都で英語教師をしていた祖父に引き取られ、3歳まで日本で過ごしています。香港や日本で育ったせいか、東洋の芸術に深い関心を持ち成長していきました。ロンドンの美術学校に入学した際に、留学中の高村光太郎や南薫造らと知り合ったリーチは、更に東洋の芸術に魅かれていきます。

そして22歳(1909年)の時に再び来日し、高村の紹介で日暮里に暮らし始めました。翌年には、富本憲吉と出会い意気投合、更に翌年には富本に通訳をしてもらい、入谷の六世乾山の元に弟子入りしました。リーチはその後も横浜の真葛香山の窯で絵付けを習うなどし、急速にその才能を伸ばしていきました。リーチ自身の窯も柳宗悦や黒田清輝の自宅で築くなど、如何にリーチが日本美術界で重要な位置を占めていたかが伺いしれます。

 

 1920年、来日して10年を過ぎたリーチは、イギリスに帰国しコンウォールのセント・アイヴスで浜田庄司と共に登り窯を築窯しました。この頃、イギリスの伝統技法スリップ・ウェアに見られる化粧土(スリップ)の技法を思いついたとされています。

 その後、リーチは視力が衰える85歳(1972年)になるまでの約50年間、作陶を続けました。英国と日本を行き来し、日本民藝館の設立にも関わるなど、両国の陶磁器の発展に尽し、92歳という長寿を全うしました。

 本作は、1933年・47歳の時の作品です。この頃はイギリスの伝統ある技法と日本の技法を融合させ、本国の人々にも受け入れられ始め、作家として脂の乗った時代であったともいえます。ガレナ釉の大皿は特に好まれ、山の裾野の家々へ向かう農夫の図柄は、代表的な作品のひとつです。

また、特筆すべきはこの箱書です。リーチは日本人のように、作品にタイトルを付けることがありません。そのせいか、共箱があることは大変珍しく、あったとしても、箱書を作品と同時期に書くことは少なかったようで、作品と箱書の年代が違うこともしばしばあります。今回の箱も、2年後の1935年に書かれています。そして何より珍しいのが、蓋の甲に描かれた大鉢の図柄です。よほど作品に思い入れがあったのか、持ち主に大いなる感謝を表してなのかは分かりませんが、一見する価値ある作品です。

 

 また、今回は古美術オークションも開催されます。

願経のコピー

鏡のコピー室町時代の足利尊氏が自署している願経や、赤烏元年(西暦238年)という年号の入った銅鏡といった歴史的価値ある重要美術品が出品されますので、ぜひご覧ください。

 

下見会・オークションスケジュールはこちら。

                                 執筆者:E

旅する詩人画家・池田遙邨の風景画―《芒原》

こんにちは。
GWは終わってしまいましたが、お出かけしたくなるような気持ちのいい季節になりましたね。
このまま梅雨がこなければいいのに、と思ってしまいます。

さて、今月21日(土)は近代美術/近代美術PartⅡオークションを開催いたします。
今回も出品作品の中からおすすめの作品を1点ご紹介いたします。


【オークション終了につき、画像は削除させていただきました】

101 池田遙邨 (1895-1988)

《芒原》
80.4×116.8cm
紙本・彩色 額装
昭和58年(1983)作
左下に落款・印
共シール
落札予想価格 
¥13,000,000~20,000,000

【展覧会歴】

「池田遙邨展」1984年(日本橋・髙島屋)

「池田遙邨展」1986年(渋谷・東急百貨店/日本経済新聞社)
「美の旅人 池田遙邨遺作展」1989年(京都国立近代美術館/毎日新聞社)
「旅情を描く日本画の巨匠 池田遙邨展」1992年(佐野美術館/静岡新聞社)
「美の旅人 池田遙邨回顧展」1992年(日本橋・髙島屋/毎日新聞社)

【文献】
『池田遙邨画集』(1984年/京都書院)№171
『池田遙邨画集 山頭火行く』(1991年/毎日新聞社)№38
『池田遙邨資料集』(1994年/倉敷市立美術館)P.185

皆様は池田遙邨をご存じでしょうか。
遙邨は大正時代に生まれ、92歳で逝去するまで、京都画壇で活躍した日本画家です。
生涯旅を愛して俳諧に親しみ、その体験をもとに様々に作風を変えながら洒脱な風景画を描き続けました。
当社のオークションには、いつも大和絵風の作品や南画風の作品が出品されますが、そちらを見慣れている方は、もしかしたら同じ作家の作品とお気づきにならないもしれませんね。
この《芒原》(すすきはら)は、遙邨の画業において最も評価の高い晩年期の作品です。

明治28年、岡山県に生まれた遙邨ははじめ洋画の道へ進みましたが、小野竹喬との出会いを機に日本画へ転向し、竹内栖鳳に入門します。京都市立絵画専門学校ではムンクやゴヤに傾倒し、昭和期に入ると清新な大和絵や富田溪仙に私淑した南画の画法による風景画を描き、帝展で高く評価されました。
戦後、いよいよその独自性を開花させ、幻想的で夢想的な心象風景を展開。そして、晩年には集大成にして代表作となった、俳人・種田山頭火の句境を絵画化した「山頭火」シリーズへと到達します。

本作品は「山頭火」に着手する前年の昭和58年(当時88歳)に制作された、50号の大作です。
一面に広がる白銀色の芒原から一匹の狐がひょっこりと顔を出す情景がユーモラスに表わされています。
旅先で出会った風景の中に小動物を配置するこのような作品は、昭和30年代から没年の「山頭火」まで描き続けられました。特に、狐と芒の題材は、第15回日展出品作《芒原》(昭和58年)や、最晩年の作品《すすきのひかりさえぎるものなし 山頭火》などにおいて繰り返し描かれていることから、遙邨自身がとても気に入っていたであろうこと、そして本作の時点ですでに山頭火の句の世界観が創りが創り上げられていたことがわかります。      
                              
さらに、本作では陽光を受けてきらきらと輝き、風に大きく揺れる芒の穂が、色面と描線による平面的な描写と画面全体に吹き付けた金彩によって表現されています。また、具体的な形が省略された遠景はまるで抽象絵画のようで、作品の幻想性と物語性をいっそう高めています。
老境の画家は、自然に遊ぶ小さな狐を微笑ましく見つめ、その元気で自由な姿に自分自身を仮託したのでしょうか。それゆえ、作品には年齢を感じさせないみずみずしい童心と豊かな詩情が漂っています。

こちらの作品は18日からの下見会にてご覧いただけます。
下見会・オークションスケジュールはこちら

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

(佐藤)

JEWELLERY & BRAND SHOP ゴールデンウィーク休業のお知らせ

こんにちは。
JEWELLERY & BRAND SHOPの林でございます。

ツツジやハナミズキが美しい季節になりましたね。
皆さまいかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。

さて、JEWELLERY & BRAND SHOPでは
下記の期間をゴールデンウィーク休業とさせて頂きます。
甚だ勝手ではございますが
何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

———————【ゴールデンウィーク休業のお知らせ】——————————

休業期間:4月28日(木)~5月9日(月)

2015年5月10日(火)10時より平常どおり営業致します。

—————————————————————————————————

JEWELLERY & BRAND SHOP
販売担当 林