カテゴリー別アーカイブ: オークション

佐伯祐三の第1次パリ時代―《オニー風景》

こんにちは。2023年を迎え、1回目のブログ更新となります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。本日はまずおすすめの展覧会をご案内させていただきます。1/21より東京ステーションギャラリーにて、「佐伯祐三 自画像としての風景」展が開幕しました。日本最大級の質と量を誇る大阪中之島美術館の佐伯祐三コレクションを中心に、画家の代表作が一堂に集結しています。こちらの展覧会には、過去に当社のオークショ... Read more

1972年の前衛陶芸家-八木一夫・加守田章二-     寛永(1624-44)の三筆-光悦・近衛信尹・松花堂昭乗-

こんにちは。もう数日で、12月に突入。あっという間に今年の弊社のオークションも最後の開催となりました。今週末に行われます「近代陶芸/古美術/近代陶芸PartⅡオークション」から、こちらの作品をご紹介いたします。■LOT.195 八木一夫「ページ」H11.0×W29.0×D16.8cm1972(昭和47)年作見込みに掻き銘共箱『やきものの美 現代日本陶芸全集 第十四巻 八木一夫』掲載 No.22(... Read more

ローマを魅了した名作―鏑木清方《道成寺 鷺娘》

こんにちは。久しぶりの更新となってしまいました。気付けばあちらこちらの街路樹が紅葉していて、通勤中にも秋の深まりが感じられます。今月は、12日(土)に「近代美術/コンテンポラリーアート/近代美術PartⅡ/マンガ/中川一政コレクション」を開催いたします。今回の会場は通常とは異なり、東京駅前の“丸ビルホール”となります。(下見会はいつも通り銀座の当社ギャラリーです。) ご存じない方もおられるかもし... Read more

―France RAKUー伝統を超える十五代樂吉左衛門

こんにちは。まだまだ夏の気配は残っていますが、文化・芸術を楽しむ季節が近づいてきました。心身共に健やかに過ごせる秋にしたいものですね。 さて、9月17日(土)に「近代陶芸/近代陶芸PartⅡ/近代美術/近代美術PartⅡ/コンテンポラリーアート オークション」を開催致します。今回は、絵画と陶芸のオークションが同時開催です。ぜひお見逃しなく!!それでは、「近代陶芸オークション」の中からこ... Read more

巧緻なわざと装飾美―佐藤玄々《大慈大悲救世観世音菩薩》

こんにちは。今年は全国各地で早くも梅雨が明けましたね。関東甲信や東北地方などでは観測史上最も早い梅雨明けということです。すでに猛暑日が続いておりますので、熱中症に気をつけてお過ごしください。さて、今回も出品作品の中からおすすめの1点をご紹介いたします。東京・日本橋三越本店の1階ホールに飾られた、あの極彩色の巨大な木彫作品《天女像》(まごごろぞう)の作者、佐藤玄々(さとうげんげん)の救世観世音菩薩... Read more

ノンコウ・片桐石州の黒茶碗

こんにちは。先週の「WINE/LIQUR」オークションにご参加いただきました皆様、ありがとうございました。さて、今週末は、「近代陶芸/古美術/近代陶芸PartⅡ」オークションが開催されます。 その中から、LOT.130樂道入、LOT.131片桐石州の黒茶碗をご紹介いたします。 樂道入(らく どうにゅう)【慶長四-明暦二(1599‐1656)】は「ノンコウ」の異名を持ち、利休の孫・千(元... Read more

4/16西洋美術オークション 下見会開催中です

こんにちは。3月30日に羽田空港で開催いたしました「United Asian Auctioneers  SHINWA AUCTION×LARASATI Auctioneers×iART auction×ISE COLLECTION」にご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。今週の16日(土)は、「西洋美術 BAGS/JEWELLERY&WATCHES」オークションを開催いたしま... Read more

―明治期に生まれた二大陶芸作家 《板谷波山と富本憲吉》―

こんにちは。先週末からようやく春の気配が感じられるようになり、梅の見頃も近づいてきているところが多いのではないでしょうか?引き続きコロナ禍のなかではありますが、感染対策につとめながら下見会とオークションを行います。ぜひ気分転換のつもりで足をお運びくださいね。 さて、今週末に行われます「近代陶芸/近代陶芸PartⅡオークション」からこちらの作品をご紹介いたします。 明治に入り、近代化する... Read more

岸田劉生の鵠沼時代―《鵠沼風景》と《村娘之図》

こんにちは。今週の29日(土)は、2022年1回目のオークションとなります、近代美術/近代美術PartⅡ/コンテンポラリーアートオークションを開催いたします。新年のご挨拶が遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。さて、今回も近代美術オークションの出品作品の中から、おすすめの作品をご紹介いたします。日本の近代洋画を代表する異才・岸田劉生が最も充実した画業を展開した、鵠沼(くげぬま)... Read more

陶芸/古美術オークション下見会・本日より開催(3日まで)

こんにちは。12月に入りまた一段と冷え込みが深まるようですが、体調お変わりないでしょうか? 今週4日土曜日に、「近代陶芸/古美術/近代陶芸PartⅡオークション」が開催されます。今回は通常とはスケジュールが異なりまして、本日から3日金曜日午後4時まで下見会を開催しております。土曜日は下見会を行いませんので、お気をつけください。また、引き続き、オークション・下見会ともに新型コロナウイルス... Read more